夏も盛りを過ぎ始めた頃に芙蓉の花を時々、近所で見かける。大輪の芙蓉もあれば、低木に小ぶりの花をたくさんつけた木芙蓉もある。平安時代ごろから鑑賞されているようだが品種は少ない。芙蓉(水芙蓉)は中国では蓮の花の事。これは調べていて知ったこと。驚かされた。日本では木芙蓉と蓮(水芙蓉)はご存知の通り、違いは明確であり混同していない。芙蓉は古典文学にあるか調べてみたが源氏物語、平家物語にわずかに載っている。しかし和歌に登場しない。江戸時代からか。あれだけ美しいのに不思議である。

一輪の 芙蓉に秋を とどめたり 高浜虚子

俳句に芙蓉を詠み込んだものはあるが和歌には極、少数である。

秋津羽(あきつは)の うすくれなゐの 花の色に 夕日の陰を 重ねてぞみる 加納諸平
現代訳(トンボの羽のように薄い芙蓉の花びらに 淡い夕日の光を重ねてみると何と味わいがあることよ)

 今回の「芙蓉編」は、これ以上は迫れないのでご勘弁願いたい。

 

【文・写真】戸引 一博