平成29年9月10日(日)上鷺東公園にて防災訓練を実施いたしました。
 当日は、お天気に恵まれ10時の開始時刻でもすでに汗を感じるくらい暑い日となりましたが、総参加者150名とたくさんの方にご参加いただく事ができました。
 今回は、震度7の揺れを実際に体験できる起震車・火災の際に発生する煙の中を体験できる煙ハウス・本物の炎を使用しての消火器による消火・三角巾を使用しての応急手当・訓練用の人形を使用してのAED操作、以上の訓練を実施いたしました。
 また、防災倉庫を開放して中に収納してある資機材を見学していただいたり、お子様用のミニ消防服を着用して可愛らしいミニ消防士さん体験をしていただいたく事も実施いたしました。(大人用の消防服も用意してあり試着させていただきましたが、思っていたよりずっしりと厚くて重く、着用してすぐに汗が噴き出てきました。改めて消防士さんの大変さがわかったような気がいたしました。)
 参加者の皆様が、消防署の方の説明を真剣に聞いて訓練を行っていただけたので、けが人も出ることなく無事に訓練を終える事ができました。 これも参加者皆様の防災に対しての意識の高さの表れだと感じております。
 訓練後には、北鷺町会名物の炊き出しによるすいとん入り豚汁を参加者の皆様にお配りさせていただき、皆様が笑顔で「美味しい」と言って食していただけ た事を大変嬉しく思います。
 災害はいつ起こるかわかりません。「もしも」の時にこの防災訓練がすこしでも皆様のお役にたてれば幸いです。災害時は、慌てずに行動をし「自助・共助・公助」の概念のうちの「自助・共助」すなわち地域の住民が協力し助け合える事が災害に強い町作りの礎になると思っております。北鷺町会はそんな町作りのお手伝いができるよう今後も活動していきたいと思います。
 最後となりましたが、今回の防災訓練を実施するにあたりご協力をいただきました、野方消防署鷺宮出張所の皆様、野方消防団第8分団の皆様、中野区地域防災担当の皆様に深く感謝を申し上げます。

 

起震車による震度体験

 

煙ハウス体験訓練

 

消火器による消火訓練

 

三角巾を使った応急手当訓練

 

AED操作訓練

 

炊き出したすいとん入り豚汁