写真によるスタンドパイプ操作訓練実施報告

平成29年3月15日(水)10時半~ 上鷺宮1丁目7番地近辺にてスタンドパイプの操作訓練を行い
ました。 スタンドパイプって何?と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますのでまずは少し写真を使ってご説明したいと思います。

1.収納状態の本体一式 2.道路上の消火栓の蓋を開けて水がでるか確認する
3.消火栓にスタンドパイプを結合する 4.ホースを伸ばしてスタンドパイプと結合する
5.ホースの先に筒先を結合し放水する

かなり簡単にではありますが、このようにスタンドパイプとは、道路上の消火栓に直結させて水道の圧力をそのまま利用して消火作業ができるなかなか優れものの機材です。

北鷺町会では、28年度は6月と11月にも訓練を計画いたしましたが、あいにく天気にめぐまれず今回が初めての街なかでの訓練実施となりました。当日は真冬並みの寒さであったにもかかわらず、21名の方が訓練に参加されました。

参加者の皆さんは、消防士さんにご指導をいただきながら真剣に訓練を受けていただきました。

いつ起こるかわからないのが災害です。「自助・共助」の精神で、地域住民の一人一人が「私達の町は私達の力で守る」という考えを持って協力しあうことが災害に強い町作りに繋がると思います。
北鷺町会防災部はそんな町作りに少しでもお役にたてるよう、これからも活動していきたいと思います。

最後になりましたが、大変寒い中訓練にご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。また、この訓練を行うにあたり事前の相談・当日のご指導と色々ご協力をいただきました野方消防署鷺宮出張所の皆様、ありがとうございました。
北鷺町会 防災部