去る9月29日(日)の午前中、北鷺町会の防災訓練を実施しました。参加者は全体で200名弱でした。防災部長をはじめとして部員の方々が力を結集して、今回の防災訓練を成功のうちに終了することができました。本当にご苦労さまでした。当日は好天に恵まれ、中野区役所、野方消防署・鷺宮出張所、野方消防団のご協力により充実した訓練を行なうことができました。一昨年当たりから関心が高まったスタンド・パイプも今回、消防署の方の指導をうけ乍らホースを消火栓より立ち上がったスタンド・パイプに直結し、かけ声をかけ合って開栓し放水する体験ができた事も内容の充実感を高めたようです。また、終わりには、参加記念品として非常用給水バッグ、軍手、乾パンに加えて東京三協信用金庫さんの好意でタオル、テッシュも配られました。全ての今回の体験を通じて「訓練」とは新聞、テレビの報道による「理解」より、体で「理解」することの大切さを改めて痛感しました。